弁護士依頼のメリット

少額債権でも、未回収が大量に発生すると、その後の経営に差し支えるレベルになってしまいますので、まずは弁護士に相談するようにしましょう。掛取引にして、後払い決済を導入してみたはよいけれど、結果沢山の小額決済の未払いが発生してしまった、督促をしようにも、人材が足りない等の理由で、回収困難に陥っている場合は、特に弁護士に頼ることをお勧めします。もちろん、回収の委託を検討しても、個々が少額債権なので、コストを考えると断念せざるを得ないと考えるケースも出てくるかもしれません。しかしながら、今後もまた大量に発生すると見込まれる場合は、早急な対策が必要になります。まずは、打開策を考える為にも、少額債権回収について弁護士に相談かお問合せをしてみると良いでしょう。

少額債権の未回収による損失は、本来の販売価格が100万円で、利益が20万円で債権が未回収として、その穴埋めには500万円、つまり5倍売り上げなければいけない計算になります。表面上の額に惑わされて軽く見てしまいがちですが、利益で考えれば、大きな損失であることがわかります。数字に現れにくいリスクを把握し、少額債権への認識を改めて、しっかりとした財務管理を心がけるようにしましょう。

Pocket

Comments are closed.