少額債権回収について

少ない額の債権回収について、どのような対策を行っていますか。少額だからといって回収を怠ると、後に大きなリスクとなる可能性もありますので、しっかりとした対策をとる必要があります。少ない額とは、100万円以下の20万円、50万円のような額の債権になります。多くの債権者が「半ば諦めている」「回収はしなければと思っているがそのまま未対応」の状況で放置しているのが現状です。

企業にとって、少額債権の未回収を放置することは、直接的に経営に大きなダメージを与える可能性は低いですが、それが原因で、大きなリスクを抱え込む可能性があります。例えば、少額債権の対応が甘いという噂が取引先関係者に伝わり、支払い義務がある債務者がこぞって支払いを渋るといった狙い撃ちにあうケースもあります。また、不良債権は、実際には回収している債権を、未回収として扱い、着服するというような、典型的な社内での不正に利用されてしまうこともあります。

少額でも大きな額でも、経営者にとっては契約してから債権を回収し終わるまでが仕事になりますので、決して管理をおろそかにせず、取引先への債権回収はしっかりと行う必要があります。もちろん、そのような取引先との円満な解決はなかなか困難と言わざるをえませんので、ここは速やかな解決法として、弁護士に相談する手段も考えるべきでしょう。弁護士に依頼することによって、周りからの見方も変わりますし、回収にも良い影響を与えます。ぜひ検討されることをお勧めします。

Pocket

Comments are closed.