少額債権の特徴とは

少額債権の特徴は、額が20~30万、50万といったように、未回収だからといってすぐに大打撃を与える額ではないという考えで、扱いが軽んじられてしまうことにあります。逆に、少額であるがゆえに、その対応にコストをかけることができず、そのままにされてしまい、回収より難しくしています。

債権者、債務者の両方の、少額債権に対する意識の低さもトラブルの原因になっています。債権者側は、未回収にならない為に、まずは取引相手の信用調査をして、与信枠を設定した上で、その取り決めた限度額内で安全な取引をするように管理する必要があります。そうすることで会社の信用度も上がり、健全な経営体制が整うことにも繋がります。その意識が低いままだと、いつまでたっても未回収のまま、担当者が変わる等して放置されて時間が過ぎ、気づけば債権の消滅時効になっていた、という事態になりかねません。また、責任の所在も曖昧になる為、ますます回収が面倒になり放置するという負のスパイラルに陥ります。

商売とは、契約した時点がゴールではなく、少額債権を含む債権の回収を完了するまでが仕事という認識を持って、少額だからと甘くみず、きちんとした財務管理をするようにしましょう。

Pocket

Comments are closed.