カテゴリー: 未分類

少額債権でも、未回収が大量に発生すると、その後の経営に差し支えるレベルになってしまいますので、まずは弁護士に相談するようにしましょう。掛取引にして、後払い決済を導入してみたはよいけれど、結果沢山の小額決済の未払いが発生してしまった、督促をしようにも、人材が足りない等の理由で、回収困難に陥っている場合は、特に弁護士に頼ることをお勧めします。もちろん、回収の委託を検討しても、個々が少額債権なので、コストを考えると断念せざるを得ないと考えるケースも出てくるかもしれません。しかしながら、今後もまた大量に発生すると見込まれる場合は、早急な対策が必要になります。まずは、打開策を考える為にも、少額債権回収について弁護士に相談かお問合せをしてみると良いでしょう。

少額債権の未回収による損失は、本来の販売価格が100万円で、利益が20万円で債権が未回収として、その穴埋めには500万円、つまり5倍売り上げなければいけない計算になります。表面上の額に惑わされて軽く見てしまいがちですが、利益で考えれば、大きな損失であることがわかります。数字に現れにくいリスクを把握し、少額債権への認識を改めて、しっかりとした財務管理を心がけるようにしましょう。

少額債権の特徴は、額が20~30万、50万といったように、未回収だからといってすぐに大打撃を与える額ではないという考えで、扱いが軽んじられてしまうことにあります。逆に、少額であるがゆえに、その対応にコストをかけることができず、そのままにされてしまい、回収より難しくしています。

債権者、債務者の両方の、少額債権に対する意識の低さもトラブルの原因になっています。債権者側は、未回収にならない為に、まずは取引相手の信用調査をして、与信枠を設定した上で、その取り決めた限度額内で安全な取引をするように管理する必要があります。そうすることで会社の信用度も上がり、健全な経営体制が整うことにも繋がります。その意識が低いままだと、いつまでたっても未回収のまま、担当者が変わる等して放置されて時間が過ぎ、気づけば債権の消滅時効になっていた、という事態になりかねません。また、責任の所在も曖昧になる為、ますます回収が面倒になり放置するという負のスパイラルに陥ります。

商売とは、契約した時点がゴールではなく、少額債権を含む債権の回収を完了するまでが仕事という認識を持って、少額だからと甘くみず、きちんとした財務管理をするようにしましょう。

少ない額の債権回収について、どのような対策を行っていますか。少額だからといって回収を怠ると、後に大きなリスクとなる可能性もありますので、しっかりとした対策をとる必要があります。少ない額とは、100万円以下の20万円、50万円のような額の債権になります。多くの債権者が「半ば諦めている」「回収はしなければと思っているがそのまま未対応」の状況で放置しているのが現状です。

企業にとって、少額債権の未回収を放置することは、直接的に経営に大きなダメージを与える可能性は低いですが、それが原因で、大きなリスクを抱え込む可能性があります。例えば、少額債権の対応が甘いという噂が取引先関係者に伝わり、支払い義務がある債務者がこぞって支払いを渋るといった狙い撃ちにあうケースもあります。また、不良債権は、実際には回収している債権を、未回収として扱い、着服するというような、典型的な社内での不正に利用されてしまうこともあります。

少額でも大きな額でも、経営者にとっては契約してから債権を回収し終わるまでが仕事になりますので、決して管理をおろそかにせず、取引先への債権回収はしっかりと行う必要があります。もちろん、そのような取引先との円満な解決はなかなか困難と言わざるをえませんので、ここは速やかな解決法として、弁護士に相談する手段も考えるべきでしょう。弁護士に依頼することによって、周りからの見方も変わりますし、回収にも良い影響を与えます。ぜひ検討されることをお勧めします。